category_tag_icon

FiNCラボ

【栄養のきほん】カルシウム

骨や歯を構成する成分

FiNCラボ

管理栄養士、理学療法士、スポーツ科学博士などで構成されるFiNCラボでは、専門家チームによる分析に加え、FiNC独自の視点により解析。「カラダ」のことをわかりやすくご紹介します。

99%は骨や歯に存在している

カルシウムは、私たちの骨や歯をつくる重要なミネラルです。
体内にあるカルシウムのうち99%は骨や歯に存在していますが、残りの約1%は血液、組織、細胞にあります。
神経の伝達作用や血液の凝固作用など、生理機能の調節にも大きく関わっています。

カルシウムの主な働きは?

①丈夫な骨や歯をつくる
カルシウムのほとんどが、リン酸カルシウムとして骨および歯のエナメル質に含まれます。

②生理機能の調節をする
カルシウムの一部はカルシウムイオンとして、神経伝達物質の放出、筋肉の収縮・弛緩を調整したりしています。血液の凝固を促して出血を予防する働きもあります。

1日のカルシウムの摂取基準は?

1日に必要な摂取量は年代・性別によって変わり、18歳以上では耐容上限量が定められています。

キャプション画像

不足にも、摂りすぎにも気をつけて

カルシウムが長期もしくは極度に欠乏すると、骨粗しょう症の引き金となったり、筋肉のけいれんが起こりやすくなります。
逆にサプリメントなどでの過剰摂取は、鉄や亜鉛の消化吸収を妨げたり、便秘につながることがあります。1日の上限量を超えないように気をつけましょう。

カルシウムを含むおすすめ食材は?

キャプション画像

カルシウムは、乳製品、骨ごと食べられる小魚、大豆製品、野菜などに豊富です。カルシウムの吸収を促す、ビタミンDと一緒に摂るのがおすすめです。
また乳製品は他の食品に比べ、カルシウムの吸収率が高いといわれています。

【おすすめ食材】
・牛乳・・・110mg
・プロセスチーズ・・・630mg
・桜えび(素干し)・・・2000mg
・いかなご(生)・・・500mg
・ししゃも(生)・・・330mg
・あゆ(生)・・・270mg
※すべて100gあたりの値

▼おすすめのレシピはコチラ

play_icon

カルシウムを簡単プラス!小松菜と干し海老の混ぜご飯

    安部加代子

    279VIEWS

    <FiNCレシピ特集>メインやお弁当にも!おすすめ小松菜レシピ

      FiNCレシピ

      1143VIEWS

      【ヴィーガンレシピ】米粉で作るヴィーガントルティーヤ

        西岡麻央

        4174VIEWS

        ▼あなたは今日何食べた?食事記録でチェックしよう!

        キャプション画像

        出典:finc://food_post

        #カルシウム #ミネラル #栄養 #栄養素 #栄養のきほん #ダイエット #食事 #食事記録 #2021

        投稿ID:5168