category_tag_icon

FiNC総研

コロナ禍で身についた新習慣は?暮らしや健康、運動で変わったこと

FiNC総研

健康や美容に関心の高いFiNCユーザーの代表「FiNCサポーター」。FiNC総研では、アンケートやインタビューなどを通して集まったFiNCサポーターの声を元に、毎日をヘルシーで前向きに過ごすサポーターのライフスタイルや、関心ごとなどをリサーチし、ウェルネスライフの未来を考えていきます。

毎日のヘルスケアに寄り添うFiNCだからこその視点で、健康への価値観や課題、意識などを考える「FiNC総研」。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、緊急事態宣言が発表されてから1カ月以上が過ぎました。5月25日に宣言は解除されたものの、未だ在宅ワークの継続や休校、行楽施設の休館、ジムやヨガスタジオの休業などを続けている都市も多く、私たちの日常に影響を及ぼしています。

コロナ禍のライフスタイルやヘルスケアはどのように変わったのか、アンケート調査を実施しました。約4000人の回答から見えてきた生活習慣・健康・運動に関する新たな価値観や新習慣とは……。

▼新型コロナウイルス感染症の影響によるライフスタイルの変化を調査!
※2020年3月に実施した調査結果を元にした記事になります

新型コロナウイルス感染症対策の影響によるライフスタイルの変化は?

    FiNC総研

    86316VIEWS

    調査対象:FiNCサポーター(FiNCユーザーのなかでも、ヘルスケア意識の高いアクティブユーザーが集まる組織)

    【コロナ禍の新習慣の定着、生活や運動意識にどんな変化が?】

    (出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993)

    1.約9割が日常生活に影響あり

    Q1.新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、ライフスタイルに変化はありましたか?「ある」と答えた方は、具体的にどのような影響を受けたか教えてください

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993

    【具体的な変化や影響の内容】

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3574(複数回答)※回答上位10位までを表示

    緊急事態宣言前に調査したアンケート(3月調査)では、すでに8割が日々の暮らしに影響が出ていることを感じていました。それから1カ月以上が過ぎた現在(5月調査)は、9割に上昇。具体的には、外出自粛の影響によるイベントの中止や外食機会の減少など、娯楽や行楽など余暇への回答が多かったのが、3月時点。1カ月以上経過し、運動や仕事、買い物といった生活の基礎部分で変化を感じている割合が高いようです。

    2.さらなる健康意識の高まり

    Q2.外出自粛になる前よりも現在のほうが健康について意識するようになりましたか?

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993

    3月に調査したアンケート結果では約9割が高い健康意識を持っているなど、普段からヘルシー思考のFiNCサポーター。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、外出自粛前よりもさらに健康の意識が高まっている割合は72%に上りました。

    3.「コロナ疲れ」が現れる頃……

    Q3.新型コロナウイルス感染症の影響や外出自粛によって、今困っていることを教えてください

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993(複数回答)※回答上位10位までを表示

    3月に調査したアンケートでは「マスクを購入できない」が断トツでしたが、今回は「運動不足による体力の低下」が不安視されています。運動機会が減ることによる「体重の増加」も心配な要素の1つ。2位になったストレスケアに関する困りごとは、家にこもる時間が増えているからこその結果と言えそう。また、約40%が「医療機関に受診しづらい」と答えていることから、オンライン診療へのニーズや期待も今後ますます高まる予感です。

    4.約8割が抱える運動不足問題

    Q4.必然的に家で過ごす時間が増えたことで、どんな課題を感じていますか?

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993(複数回答)※回答上位10位までを表示

    3月のアンケートの調査結果同様に「運動不足」「食べ過ぎ」「メンタルケア」といった、家にこもることで懸念される事項が多くの割合を占めました。特に76%と高い数値となった「運動不足」に関しては、Q5の結果に反映されているように、新習慣が定着しつつあるようです。課題に対してしっかりと解決方法を見い出していることが分かります。

    不安や課題を解決するための新習慣が定着

    5.体重・体型に対する意識が定着

    Q5.この1カ月で新たに始めたことや、習慣化していることはありますか?

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993(複数回答)※回答上位10位までを表示

    前回の調査では「特に何もしていない」の割合が約半数を占めていましたが、1カ月以上が経過し、体重や体型の変化を意識したり、自宅で筋トレをするなど新習慣が定着しているよう。「無料動画サイトやアプリをチェック」する割合も高いことから、それらを活用しながら家でトレーニングに取り組んでいる傾向が見られます。

    6.運動は手軽に、食はこだわって

    Q6.Q5を始める上で購入したものや、取り入れた有料サービスを教えてください

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3697(複数回答)※回答上位10位までを表示

    ウォーキングやランニングなど外で運動したり、スーパーなど外出時にも必須アイテムのマスクや除菌グッズを取り入れている割合が高いことが分かります。また、Q5の結果よりインターネット動画やアプリコンテンツを利用して運動を取り入れている傾向が見られることから、エクササイズは手軽にできることからスタートしている印象。スキン&ボディケアグッズといったセルフケアに対する関心も高まっているようです。

    7.新習慣にかける金額は堅実的

    Q7.Q5にかけた金額を教えてください(※当てはまる項目の1カ月分の合計金額)

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:2856

    1万円以内の割合が最も多くを占めています。運動や食といったヘルスケアに関する新習慣をスタートしている人は多いものの、そこにかける1カ月の金額は堅実的。新型コロナウイルス感染症の影響でお金の使い方について改めて考える機会が増えていることが分かる結果になりました。

    ヘルスケアに対する価値観にも変化が

    8.ヘルスケア意識が一新するかも!?

    Q8.新型コロナウイルス感染症の拡大が収束したら、どのような観点からこれまでの生活スタイルや価値観が変わりそうですか?

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993(複数回答)※回答上位10位までを表示

    未曾有の状況だからこそ、ヘルスケアだけでなく働き方やお金の管理などさまざまな観点から価値観が変わることを予感している割合が高いよう。特に、健康管理や運動方法は、オンラインレッスンや診療など新たな手段が定着していく可能性も。

    9.家でできることの新発見と難しさを痛感

    Q9.新型コロナウイルス感染症の影響によってライフスタイルが変化するなかで、気づきや新たな発見があれば教えてください

    キャプション画像

    出典:FiNCサポーターアンケート2020年5月実施 回答数:3993

    運動不足を気にして自宅で筋トレを習慣化したり、自炊の回数を増やして栄養素を気をつけることが自然とダイエットに結びついている人も多いよう。その一方、エステや整体、正しいトレーニング方法は専門家によるケアの必要性を実感しているという意見もありました。また、外出自粛が続くなかで、これまでは難しいと思っていたサービスや働き方がスタンダードになりつつあるように感じている人も多いようです。そのほかにも、家族以外とのコミュニケーションや、仕事の忙しさがメンタルのバランスをとるための程よい刺激になっていたことに気が付いたというコメントもありました。

    ==
    行動に制限のある生活が長引いていることで、約1カ月前の調査に比べよりヘルスケアに関する心配事を抱えている割合が高い結果に。同時にその課題を解決するために、自宅でできる運動方法を取り入れたり、食の質や量に気をつけるなど新習慣を取り入れているといった前向きな傾向にあることも分かりました。

    FiNCの調査によると新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請を受けて、今年のゴールデンウィークは昨年に比べて1日の平均歩数が約1600歩も減少しているという結果になりました(※注)。減少した歩数を補うためにもおうちトレーニングをしたり、ウォーキング時の強度を高めて効果をアップさせるなど、エクササイズの工夫が欠かせません。

    FiNCでは、自宅でできる筋トレプログラムや1週間を通して毎日新しい筋トレが学べるプログラム、マッサージなどのアフターケアなどカラダを動かすためのアイデアをお届けしています。フィットネスのプロたちがお届けする情報なので、今こそカラダで検索して、ぜひチェックしてください。

    ※注→FiNCアプリ顧客の歩数動向の弊社調べの結果。調査期間は2019年と2020年のゴールデンウィーク(5/2〜5/6)となります。対象者は2020年5月8日時点のアプリユーザーであり、5月6日に1回以上ログインした場合

    ▼1600歩を補う筋トレアイデア
    下記の①〜④の運動を1セットに朝晩2セット行うと、約1600歩相当(約30kcal※体重が60kgの場合)のカロリー消費が可能です。また、縄跳び(両足飛び、縄なしの跳ねる運動)を1日3分間行うこともで同等のカロリー消費が期待できます。

    ①スクワット:1日10回=1セット(30秒)×3セット

    play_icon

    【スクワット】スキマ時間にTRY

      廣澤忍

      9285VIEWS

      ②クランチ:1日10回=1セット(20秒)×3セット

      play_icon

      効果的に腹筋を鍛えるトレーニング

        FiNCプログラム

        524432VIEWS

        ③プッシュアップ:1日10回=1セット(30秒)×3セット

        play_icon

        入門編「プッシュアップ」

          FiNCプログラム

          114761VIEWS

          ④体幹トレ(左右合計)10回×3セット

          play_icon

          美腹筋を目指す!7日間チャレンジ level.6

            吉用由美

            17974VIEWS

            ▼FiNCでは自宅でできるプログラムを更新中!
            おうち時間にウェルネスについて考えてみませんか?運動や食など、自宅でできるコンテンツまとめや、新習慣の相棒にしたいエクササイズグッズ紹介などさまざまな記事を更新中なのでチェックしてみてください。

            【家でのヘルスケアアイデアまとめ】

            「おうち時間」お役立ちコンテンツまとめ

              FiNCオフィシャル

              46801VIEWS

              【自粛太り解消のお共に!】

              #FiNC総研 #FiNCサポーター #新型コロナウイルス感染症対策 #ウェルネスライフ #新習慣 #2020 #今こそカラダ

              投稿ID:4979