category_tag_icon

FiNCプログラム

【ピラティス初心者必見】ピラティスの知りたい情報を集約!

FiNCプログラム

柔軟性を高めるストレッチや、姿勢改善をはじめ腰痛などのお悩みを軽減する動き、自宅でひとりでもできる筋トレなど、FiNCならではのプログラムをご紹介します。

「最近よく聞くピラティスってなに?」「ピラティスって身体にいいの?」「ピラティスのファッションや教室を知りたい…!」
ピラティスに興味を持ち始めると、知りたいことはたくさんありますよね。

そこで今回は、ピラティスに関して知りたいことをピックアップしています!
ピラティスのメリットや種類などの紹介をしているので、ピラティスに興味のある方必見の内容です。
ここでピラティスを始める準備を万全にして、気軽にピラティスを取り入れましょう!

1. ピラティスとは

キャプション画像

ピラティスとは、独自の呼吸法とエクササイズによって正しい姿勢や適度な筋肉を身につける身体づくりをメインとするエクササイズです。

発祥のきっかけは、ドイツの従軍看護師であるジョセフ・H・ピラティス氏が第一次世界大戦で負傷した兵のリハビリのために開発されたことであるため、ピラティスは身体づくりを重視しています。
また、ジョセフ・H・ピラティス氏が生まれつき丈夫な身体ではなかったことも、ピラティスの開発につながったとされています。

誰でも安全に行うことができるため、医療の現場でリハビリとして活用されることもあります。
最近では、日本の芸能人も健康維持や体型維持などの目的でピラティスを取り入れていることから、日本でも浸透してきているエクササイズです。

2. ピラティスのメリット

キャプション画像

ピラティスのメリットは以下の2つが挙げられます。
(1)姿勢の改善が期待できる
(2)怪我をしにくい身体づくりが目指せる

ではひとつひとつ詳しく見ていきましょう!

(1)姿勢の改善が期待できる

キャプション画像

ピラティスを続けることで猫背などの姿勢の悪さにアプローチし、美しく正しい姿勢を身につけることが期待できます。
エクササイズによって筋肉のバランスや日常で沁みついた身体の癖などを緩和し、身体の中心部である体幹や背骨を安定させることで背筋の伸びた正しい姿勢を目指せるのです。

また、インナーマッスルと呼ばれている、体幹に含まれる身体の内側の深い部分にある筋肉を鍛えることで、正しい姿勢をキープするための程よい筋肉も身につきます。
必要な筋肉がついて姿勢が改善されることによって、筋力や関節可動域などが向上すると、正しいS字姿勢が身につき、ボディラインが綺麗になるでしょう。

(2)怪我をしにくい身体づくりが目指せる

キャプション画像

ピラティスではバランス良く全身の筋肉を使い、背筋や脚など全身に必要とされるだけの筋力を身につけることを目指します。
インナーマッスルが鍛えられることによって身体の軸が安定し、自分の身体をコントロールできるようになるのが鍵になります。
体幹を強化し、姿勢やバランスをよくすることで怪我の予防を目指しましょう。

3. ピラティスの種類

キャプション画像

ピラティスの種類は、大きく分けるとマットピラティスとマシンピラティスの2種類です。
エクササイズを行える環境や使う道具が違うことから、どちらが自分の身体の状態に合うのかも変わってきます。
ではそれぞれ詳しく見ていきましょう!

(1)マットピラティス

キャプション画像

マットピラティスは、ヨガのようにマットを用意してその上でエクササイズをするピラティスです。

マットピラティスのメリットは以下の3つがあります。
・手軽に安く始められる
・狭い場所でもできる
・全身を鍛えることができる

マットピラティスは、全身をバランスよく鍛えたい人におすすめするピラティスです。
身体を自分自身でコントロールして身体の内側にあるインナーマッスルという筋肉を鍛えることで筋肉の柔軟性を持たせ、姿勢にアプローチしていくプログラムです。
インナーマッスルが鍛えられることでお腹や腰まわりが引き締められるので身体のシェイプアップ効果や健康増進効果に期待ができます。

また、マットピラティスで必要な道具はマットなど床に敷くものだけなので、比較的安価で手軽な点から誰でも始めやすいのも特徴です。
全身をくまなく鍛えたい人は、ぜひマットピラティスから始めましょう!

(2)マシンピラティス

キャプション画像

マシンピラティスは、10種類以上のピラティス専用の器具を使ってエクササイズをするピラティスです。

マシンピラティスのメリットは以下の3つがあります。
・器具が身体を動かすサポートをしてくれる
・特定の筋肉にアプローチしやすい
・筋力のある人も強く負荷をかけてトレーニングできる

マシンピラティスは、初心者が身体を動かす練習から筋力のあるスポーツ選手の筋力強化まで対応できるので、どのような人にでもおすすめできるエクササイズです。
バリエーションが豊富であり器具でトレーニングの負荷を調節できるため、筋力の少ない人や怪我をしている人から筋力が十分にある人まで、ひとりひとりに合わせたトレーニングが可能です。
マットピラティスができるか不安な人は補助器具のサポートもあるため、マシンピラティスから始めてみるといいかもしれません。

4. まとめ

今回はピラティスについて知りたいことを網羅してきましたが、未知の世界のピラティスがより近い存在に感じることはできましたか?
ピラティスには長く健康的に生活するために効果的なメリットがたくさんあり、健康の維持・増進が期待できます。

#ピラティス #2021

投稿ID:5275