category_tag_icon

VOCEビューティーチャンネル【公式】

日傘を差している時は?日焼け止めの正しい塗り方は?【日焼け止め対策】のすべてを美容のプロが伝授

VOCEビューティーチャンネル【公式】

美容誌『VOCE』の公式アカウントです。有名トレーナー監修の最旬ダイエットや、トレーニングメソッドをはじめ、コスメ、メイク、スキンケアなど、美容に関する様々なオリジナルコンテンツを配信中! VOCEと一緒に「キレイになるって面白い!」を体験しましょう。

紫外線が強烈なシーズン到来! 顔はもちろんのこと、ボディのうっかり日焼けも避けたいところ。というわけで、トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんに正しいボディのUVケアについて聞きました!

今回教えてくれたのは…

トータルビューティアドバイザー水井真理子さん

キャプション画像

幅広い年代の雑誌の美容ページやWEBサイトなどでも活躍。パーソナルな診断を得意とし、肌を見るだけでその人のライフスタイルまで見抜いてしまう。エステやアロマ、東洋医学を学んだ経験から、肌だけにとらわれず、体の内側や精神などトータル面からアプローチする美容を重視。幅広い分野にわたる美容情報を発信している。

部位別・日焼け止めの塗り方

キャプション画像

▶︎腕

水井さん:
ひじの横や二の腕のわき、裏側までまんべんなく塗れているという人、意外と少ないです。容器から直接、線状に出し、手のひらでしっかり外側から内側まで広げていくようにして塗りましょう。手の甲や指なども塗り漏れが多いので注意!

▶︎足

水井さん:
足の甲や指、ひざの裏はうっかり日焼け危険ゾーン! 腕と同じく、足の甲からすね、ひざに日焼け止めを線状に出したら、円を描くようになじませます。裏側も同様に。ショートボトムスの場合は、太ももにも同じように塗っていきましょう

▶︎首

水井さん:
顔に塗ったあと、さらに適量を手に取って首と襟足にも塗っていきます。日焼け止めは顔用を使ってOK。ベタベタするからと少量しか塗らないのも、うっかり日焼けの原因になります。その場合は顔用ではなく、ボディ用のサラッとした感触のものを塗るなど、まんべんなくUVケアできるように工夫してみて

うっかり日焼けしやすいパーツは?

キャプション画像

水井さん:
肩の後ろ、二の腕の裏、ふくらはぎの後ろ、ひじの横などがうっかり日焼け多発ポイント。背面は手が届きにくいうえに、ちゃんと塗れているかの確認もしにくいので、うっかり日焼けしやすい部位です。塗り漏れをなくすように心がけつつ、スプレータイプの日焼け止めを使ってみるのもアリ

洋服で隠れているところも、日焼け止めは必要です!

水井さん:
服を着ていれば紫外線を防げそうな気がしますが、薄手の夏服ではUVAは防げず、透過してしまいます。肌が透けるような薄い素材は、薄手のレースカーテンと同じぐらいの遮断効果しかないと思って。しかも首や腕は服の隙間から太陽光が入ってきますから、UVケアがマストですよ

日傘があっても日焼け止めは必須!

キャプション画像

水井さん:
日傘の大きさや遮光率にもよりますが、日傘で直射日光を避けられるのは、デコルテくらいまで。照り返しもありますし、脚も腕も半分は日に当たってしまいますよね。また歩いているときにきちんと隠せていないこともあるので日傘をさしている日も日焼け止めをつけていただくほうが日焼け対策としては万全です。

日焼け止めを塗った日は、ボディもクレンジングすべき?

水井さん:
ボディの日焼け止めもさまざまですが、“石鹸で落ちます”と書かれているものは石鹸で落ちていると思いますが、落とすときはよく泡立ててなでるように洗うようにしましょう。また、ウォータープルーフ、こすれプルーフ系の日焼け止めを塗った日はクレンジングでのオフがおすすめです。肌残りがないように丁寧に洗ってあげましょう。

▼あなたの紫外線対策力を判定!日焼け止め検定
https://sp.i-voce.jp/special/shindan/23/

▼関連記事

【VOCEビューティーチャンネル】コンテンツ一覧

    VOCEビューティーチャンネル【公式】

    2288VIEWS

    ※本記事は講談社VOCE編集部が作成した内容をFiNCで掲載しております。
    イラスト/二階堂ちはる 取材・文/穴沢玲子 構成/剱持百香
    Edited by 剱持 百香

    #VOCE #日焼け対策 #UVケア #2022

    投稿ID:5369