category_tag_icon

清川寧子

今の私の状態は⁉︎ 月経周期ごとの特徴

清川寧子

レディースクリニックK 院長
日本美容皮膚科学会会員
抗加齢学会認定医
サーマクール認定医
日本産婦人科学会会員
産業認定医
母体保護法指定医 等

獨協医科大学卒業。
大学病院を経て産科、婦人科臨床医療に従事。
エイジングケア、メディカルスキンケアまで総合女性診療科の立場で診療にあたる。

生理期間や、基礎体温の記録をすることで、自分のカラダがどのような状態にあるかを知ることができます。月経は女性ホルモンの働きとも結びつきがあり、肌状態や気持ちにも影響が及ぼされます。
ご自身がどの周期にいるかを知ることで、客観的に向き合うことができます。

教えてくれたのは清川寧子先生

キャプション画像

月経周期はいつから?

月経周期とは、月経の始まりから次の月経開始までのことを言います。生理の出血が始まった日を1日目と数えます。そこから次の月経が始まるまでの期間が1回の月経周期となります。月経の正常周期は25~38日程度。月経の期間は3~7日間ですが、個人差もあり、ホルモンバランスやストレスなどによっても変動することがあります。

「卵胞期」の特徴

月経の初日が卵胞期の1日目となります。
生理期間は、肌も心も敏感なので、無理をせずに過ごすようにしましょう。生理期間が終わると、女性の美しさと健康をサポートしてくれるエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えていきます。髪の成長や、血管や骨を強くするのも、この時期です。
この時期は、新しいことを始めるのにもぴったりです。お肌が安定している時期なので、新しいスキンケアを試してみたり、ダイエットしたい方などは、効率的に代謝ができ、運動効果が高まります。

キャプション画像

「排卵期」の特徴

基礎体温が低くなり、最も妊娠する可能性が高まる時期です。成熟卵胞から卵子が排出される「排卵」が起こるタイミングです。この卵子と精子が出合って受精すると、妊娠の可能性があります。この時期はおりものにも変化があり、受精を促すため、とろみのある水っぽい状態になります。
排卵前後数日間は、ホルモンバランスが急激に変化することで、気持ちの起伏を感じることもあるでしょう。

「黄体期」の特徴

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増え、基礎体温が高くなる時期です。ホルモンの影響で体内に水分を保持しやすくなるので、むくみやすく、食欲が増進するのもこの時期です。また、個人差はありますがPMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)に悩まされるのも「黄体期」。
この時期は、憂鬱になったり体調がすぐれない場合は、早めに帰宅をしてゆっくり体を休めましょう。PMSやPMDDで通勤や通学に支障をきたしてしまうほどであれば、無理をせず、婦人科を受診しましょう。

▼関連記事はこちら

【医師監修】生理と基礎体温の関係

    清川寧子

    2720VIEWS

    ▼生理記録はこちら

    キャプション画像

    出典:finc://mypage/menstruation

    #生理 #生理記録 #月経 #月経リズム #女性ホルモン #基礎体温 #医師監修 #卵胞期 #排卵 #黄体期 #PMS #PMDD #2020

    投稿ID:4917