category_tag_icon

FiNCオフィシャル

FiNCとサステナブルで健康的な習慣を手に入れよう

FiNCオフィシャル

「カラダのすべてを、ひとつのアプリで。」がコンセプトのFiNCアプリ公式アカウントです。

SDGsとは?

キャプション画像

サステナビリティやSDGsという言葉をよく見かけるようになりました。
サステナビリティとは持続可能性という意味で、SDGsはSustainable Development Goals:持続可能な開発目標を表しています。

持続可能で平和な未来を実現するために、環境、経済、社会面において達成すべき17の目標と、その目標達成のために必要な169のターゲットが制定されています。

例えば持続可能で健康的な食と栄養の取り組みから目指せるものには以下があります。

目標3:すべての人に健康と福祉を
目標12:つくる責任つかう責任

一見難しい目標に見えますが、私たちにもできることがあります。
今からできることを2つ紹介するので、チェックしていきましょう。

私たちにできること①:食品ロスを減らす

キャプション画像

SDGsではターゲット「12-3」として、2030年までに店や消費者に捨てられる食料(1人当たりの量)を半分に減らすことを掲げています。
食品ロスは、食品関連事業者だけでなく家庭からも多く発生していることが報告されています。

消費者庁が平成29年に徳島県で実施した実証事業の結果では、まだ食べられるのに捨てた理由として、①食べ残し57%、②傷んでいた23%、③期限切れ11%(賞味期限切れ6%、消費期限切れ5%)の順で多いことが分かりました。
食品ロスを減らすためには、私たち一人ひとりが日常生活の中で食品ロスの削減を目指すことが大切です。

食品ロスを減らすポイント

食品ロスを減らすために今日から実践できるポイントをご紹介します。

<買物時の工夫>
・出かける前に冷蔵庫や食品庫の中身を確認する
・必要な分だけ買って、食べきる
・利用予定と照らして、期限表示を確認する
・すぐに食べるなら「手前どり」をする

<調理、食事での工夫>
・食品に記載されている保存方法に従って保存する
・食材を使い切る
・食べ切れる量を作る

<外食時の工夫>
・食品ロス削減に、積極的に取り組む店を選ぶ
・食べられる量だけ注文する
・食べきれる量の料理をおいしく食べきる

<宴会時の工夫>
・料理を楽しむ時間を設ける
・食べきりタイムを設ける

過剰除去を見直して食品ロス削減へ

キャプション画像

剥かなくても食べられる野菜の皮を剥いたり、分厚く剥いたりすることを「過剰除去」といいます。いつもの習慣を見直したり、ヘタをできるだけギリギリのところで切り落としたりすることが、食品ロスの削減に繋がります。

▼皮まで美味しく食べるレシピはコチラ

play_icon

新じゃがと菜の花の春シチュー

    猪狩朋美

    19VIEWS

    play_icon

    材料たったの4つ!簡単なすの浅漬け

      田代由紀子

      19VIEWS

      play_icon

      美肌に!豆乳かぼちゃグラタン

        星野静香

        3430VIEWS

        捨てがちな栄養価の高い野菜

        大根やかぶは葉の部分を捨ててしまいがちですが、実は栄養価が高いので料理に積極的に活用したい部分です。
        お浸しや炒め物、みそ汁などに入れて捨てずに活用するのがオススメです。

        例えばカブの葉には以下の栄養素が含まれています。
        ・ビタミンC→100gあたり82mg(大根の葉には53mg)
        ・カルシウム→100gあたり250mg(大根の葉には260mg)

        ▼茎や葉まで美味しく食べるレシピはコチラ

        play_icon

        モヤっと気分解消!お口直しに爽快かぶかに和え

          坂本みちよ

          9VIEWS

          play_icon

          美腸!カブと鶏肉の炒め物

            安部加代子

            9VIEWS

            play_icon

            美肌!エビとかぶの塩だれ炒め

              安部加代子

              166VIEWS

              play_icon

              エコクッキング!菜めし

                中島麻良

                1147VIEWS

                余分なものを買わない・捨てない・再利用することは、食品ロスを減らすことだけでなく、無駄な間食を減らしたり、不足しがちな栄養素を補うことができます。
                つまり、環境だけでなくダイエットや健康維持にも効果が期待できるということです。

                環境と健康のためにも食生活を改めて見直し、食品ロスを減らしていきましょう!

                私たちにできること②:健康的な生活をする

                キャプション画像

                目標3に掲げられている「すべての人に健康と福祉を」について見ていきましょう。

                日本は世界でもトップクラスの長寿国です。
                その理由として、医療体制の充実や保険制度によって多くの人が適切な治療を受けられることが挙げられます。

                一方で日本が抱える課題には少子高齢化という問題があります。
                少子高齢化がどんどん進むことで、病院にかかる人が増える一方、医療費を負担する働き世代が減るので、医療保険制度が保てなくなる恐れもあります。

                そのため、高齢化社会になっても医療費を増大させないためには、一人ひとりの「健康寿命」を延ばすことが重要になってきます。

                健康寿命とは

                キャプション画像

                出典:厚生労働省「健康寿命の令和元年値について」より引用し一部改変

                健康寿命とは、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間のことを言います。

                厚生労働省が発表している2019年の平均寿命と健康寿命との差は男性が8.73年、女性が12.07年です。
                この期間を短くし、歳を重ねても寝たきりや認知症等になることなく、質の高い生活をそれぞれが楽しみ、満足した生涯を送ることができるようにする。これが日本の目指す状態です。

                人生最後の10年を笑って過ごすために

                健康に関する問題の多くは、運動、栄養、休養の悪しき習慣が根本にあります。
                習慣的に身体を動かし、必要な栄養素をとり、心と身体をしっかり休ませることが人生最後の10年を不自由なく笑って過ごすことに繋がります。

                まずはFiNCアプリで歩数・食事・体重を記録することから始めてみましょう。

                1日に目標にしたい歩数

                キャプション画像

                厚生労働省が発表している健康づくりのための取り組みでは、1日に8000歩が目安となっています。
                普段、どのくらい歩けているかチェックしてみましょう。

                ▼適度な運動を心がけよう!

                キャプション画像

                出典:finc://mypage/steps

                食事の適正量を把握するには?

                キャプション画像

                目標2に掲げられている「飢餓をゼロに」について、日本だとあまり馴染みがない言葉かもしれません。

                日本が抱える食生活の問題には、朝食の欠食、野菜や果物の摂取不足、食塩のとりすぎが言われ、肥満者がいる一方で女性のやせすぎもあり、さらに高齢者の低栄養がみられるなど、多様な問題があります。

                食事からの摂取カロリーや栄養素の適正量を把握するにはFiNCアプリの食事記録がオススメです。
                FiNC Plus会員なら、糖質表示・Myフード機能・Weeklyレポートなど食事管理をサポートする機能が充実しています。

                まだFiNC Plusを試したことがないけど興味がある方は、2週間無料体験から始めてみるのはいかがでしょうか?

                ▼まずは2週間無料で試してみたい方はコチラ

                キャプション画像

                出典:finc://finc_plus/lp?referer=try_indexed_id_37979

                体重記録が続かない人は

                毎日記録を続けよう!と思っても続けることが難しい要因の1つに「記録が面倒」という課題があります。

                FiNCオリジナル体組成計 (FiNC SmartScale)なら、FiNCアプリと連携してデータを自動で送ることが出来るので、記録の手間を省くことができます。

                FiNCオリジナル体組成計の色はWHITEとBLACKの2種類があり、どちらもシンプルなデザインで部屋によく馴染みます。
                そのため、常に見えるところに置きやすいので体重記録が習慣化しやすいのも特徴です。

                キャプション画像

                ▼WHITEが気になった方はコチラ

                キャプション画像

                出典:finc://mall?request_type=product&product_id=484&try_indexed_id=37979

                ▼BLACKが気になった方はコチラ

                キャプション画像

                出典:finc://mall?request_type=product&product_id=5563&try_indexed_id=37979

                #2022 #SDGs #健康寿命 #歩数記録 #食事記録 #体重記録 #FiNCPlus #ダイエット #FiNCオリジナル体組成計 #FiNCSmartScale

                投稿ID:5386