category_tag_icon

清川寧子

【医師監修】生理を記録する意味とは?

清川寧子

レディースクリニックK 院長
日本美容皮膚科学会会員
抗加齢学会認定医
サーマクール認定医
日本産婦人科学会会員
産業認定医
母体保護法指定医 等

獨協医科大学卒業。
大学病院を経て産科、婦人科臨床医療に従事。
エイジングケア、メディカルスキンケアまで総合女性診療科の立場で診療にあたる。

女性にとって、人生の半分以上もの年月、向き合うことになる月経(生理)。皆さんは生理周期を記録していますか?
忙しくてうっかり忘れてしまう、面倒だから記録していないという方もいるかもしれません。
生理(月経)周期を管理、把握することのメリットについて、清川寧子先生にお聞きしました。

教えてくれたのは 清川寧子先生

キャプション画像

女性ホルモンとは?

まず、生理と大きく関係のある女性ホルモンについて知っておきましょう。

女性の体、心、お肌は、女性ホルモンの影響を受けます。女性ホルモンは脳(視床下部および下垂体)と卵巣により調節されています。卵巣から調節されるホルモンにはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2種類のホルモンがあります。エストロゲンは子宮、卵巣、妊娠、出産への作用だけでなく、エイジングにも関わる、自律神経、感情、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きにも影響することがわかっています。

このエストロゲンの分泌量は、毎月の生理周期によって大きく変化しますが、年齢によっても変化して、健康に大きくかかわっているのです。

1カ月の間でも、生理後から排卵までは、エストロゲンの分泌量が多く、体調もお肌の調子も良い状態が続きます。しかし、生理前になると、エストロゲンの分泌量が減り、体、心、お肌の不調が起こりやすい状態になってしまうのです。

また、年齢によってもエストロゲンの分泌量は変化し、エストロゲンが減り始めると不調が起こりやすく、閉経期前後の約10年間にエストロゲンの急激な減少がみられます。その影響で40歳を過ぎた頃から心身ともに不調を感じる更年期障害が現れることがあります。

つまり、女性は一生涯、女性ホルモンによって健康を左右されてしまうのです。

女性ホルモンと生理(月経)

生理(月経)は、複数のホルモンの相互作用により調節されています。先に説明したエストロゲン、プロゲステロンにより卵子が放出される前、卵子が放出される時期、卵子が放出された後の3つのステージに分けられます。生理(月経)周期は、月経による出血の最初の日からカウントします。

キャプション画像

(生理周期を28日とした場合)

正常な生理周期は25日〜38日で、人によってさまざま。
最近では、月経不順で悩む女性も多いです。背後に疾患が隠れている場合もあります。医師の診察を受ける際には、月経周期も重要な情報になります。自分の体の状態を把握するためにも、何日周期で生理がくるのか、リズムは乱れていないか、日頃からチェックすることが大切です。

▼生理記録はこちら

キャプション画像

出典:finc://mypage/menstruation

#生理
#生理記録
#月経
#月経リズム
#女性ホルモン
#医師監修
#2020

投稿ID:4808