category_tag_icon

ミルミル【公式】

FiNCユーザーの9割は「腸活」に興味あり! 腸活2週間チャレンジをしてみた結果

ミルミル【公式】

ミルミル公式アカウントです。ミルミルは大腸ではたらくビフィズス菌 BY株を1本(100ml)に120億個以上含んだ、のむヨーグルトです。
商品に関する情報などを配信していきます。

(PR)
仕事もプライベートも充実させて健やかに生活していくうえで、健康は生涯にわたるテーマです。とくにここ数年は、おうち時間が増えたこともあって、自分の心やからだと向き合い、健康について見つめ直すようになった人も多いのでは?そうしたなかで、ここ数年、健康のキーワードとして、「腸活」が注目されています。

FiNCユーザーへのアンケートでは、なんと9割が「腸活に興味がある」と答えるほどの関心の高さです。一方で、「腸活の正しい方法がわからない!」という声も多く聞こえてきました。

そこでFiNCでは、「みんなの腸活コミュニティsupported byミルミル」をスタート。そしてその一環として、「腸活2週間チャレンジ」を実施しました。

FiNCではおなじみの人気アンバサダー、田上舞子さん、luanaさん、西岡麻央さんの3名に、普段の腸活スタイルをはじめ、腸活の強〜い味方である「ミルミル」を活用してみた感想を聞きました。さて、その結果やいかに?

「みんなの腸活コミュニティ」とは?

キャプション画像

FiNCではこのたび、ヤクルト「ミルミル」のご協力のもと、「みんなの腸活コミュニティ supported by ミルミル」をオープンし、「腸活」に取り組むユーザーを応援しました!

「腸活」とは、腸内環境を整えて、すこやかな毎日を目指すこと。腸内環境をよくするには、腸内細菌の集まりである腸内フローラのバランスを整えることがとても重要です。

一方で、FiNC総研の「腸活」に関する調査では、「実際に何をすればいいかわからない」「自分に合う方法がよくわからない」といったユーザーの声が多数寄せられました。

そんなユーザーのお悩みを解決するため、「みんなの腸活コミュニティ supported by ミルミル」では、腸活に関するコラムをはじめ、FiNCアンバサダーが考案した「腸活」に役立つエクササイズやレシピなどのコンテンツをお届けしました。

アンバサダーが「腸活」にチャレンジ!やってみた感想は?

キャプション画像

腸活2週間チャレンジ中は、実際に、FiNCアンバサダーの田上舞子さん、luanaさん、西岡麻央さんの3名に、いつもの「腸活」に加えて、「ミルミル」を取り入れていただきました!チャレンジを終え、3名にそれぞれに腸活についてのお話を聞きました。

腸活チャレンジその①田上舞子さん

キャプション画像

1人目は、パーソナルトレーナーで、美しい筋肉に定評のある田上舞子さんです。田上さんが出場するフィットモデルの競技では、健康的なボディが評価ポイントのひとつ。

キャプション画像

そのため、内臓の周囲にある腹横筋や内腹斜筋などの筋を鍛えるエクササイズが日課で、外側から腸を活性化させているそうです。

「みなさんにもぜひ、知っていただきたいのですが、おなかまわりを鍛えると腹圧が高まるため、腸活にもポッコリお腹の解消にも効果が期待できます。みなさんもぜひ、無理のない範囲でおなか周りのエクササイズも取り入れてみてくださいね。」

今回、エクササイズにくわえて、内側からの腸活についても教えてくれました。
「私の場合、肉体的な疲れは寝ればとれますが、内臓疲労となるとそうはいきません。質の悪い脂を避けて、発酵食品をとるようにしてからは、起きたときにだるさがなくなり、からだの調子がよくなりましたね」

職業柄、たんぱく質にこだわった食生活をしてきた田上さんですが、大会に向けて減量をするうちに、腸活を意識した方が、からだづくりにつながることに気づいたそうです。

「なるべく毎食発酵食品をとるように心がけて、減量中は完全に自炊。1日4〜5食とるなかで、塩麹や味噌などの日本の調味料を発酵食品として取り入れることが多いです。塩麹はフィットモデルの間でも人気で、私は鶏肉の下味に塩麹を使っていますが、やわらかく仕上がるのでおすすめですよ」

さらに、食事のバランスを考えて、「ミルミル」を腸活に取り入れているのも印象的でした。

「『ミルミル』は、すっきりしていておいしいので、気軽に毎日続けやすい!特に減量中にはちょうどいい量なので、おやつ感覚で取り入れられるのがうれしいですね。基本は朝食と一緒に飲みますが、おやつにもぴったり。糖質をカットして肉ばかり食べる……といったことは避けたいので、栄養バランスを考えて、食事とセットで『ミルミル』をバランスよく取り入れるのが理想的です」

腸活チャレンジその②luanaさん

キャプション画像

キャプション画像

育ちざかりの3姉妹のママであるluanaさんが腸活を始めたきっかけは、過激なダイエットでの失敗経験。そのせいで肌荒れや便秘がひどくなり、必要にかられて腸活を始めたそうです。やはり、意識して取り入れているのは、乳酸菌が豊富な発酵食品だといいます。

「毎晩、お味噌汁は欠かせません。それから最近始めたのが、ぬか漬け。ぬか漬けはそもそも面倒だと思っていましたが、パウチタイプの冷蔵庫で管理できるものなら手軽にできるし、子どもたちにも好評です」

味噌汁やぬか漬けと並行して続けている「ミルミル」の感想はどうでしょうか?

「夜に『ミルミル』を飲んでいます。市販の乳製品は甘いものが多いですが、『ミルミル』は夜寝る前に飲んでもスッキリとした味わいなので、口の中が甘ったるくならず、とっても飲みやすい!無理なく毎日続けられます。」

過去には、糖質を完全にカットしたり、食事自体を抜いたり、間違った食生活によって、体調を崩す失敗もあったというluanaさん。紆余曲折を経て、今ではこの腸活を意識した食生活に落ち着いたそうです。

今後、チャレンジしてみたいこととしてluanaさんが挙げたのは、なんとファスティング。ただし、「食べざかりの子どもたちの前だとなかなか難しいので、残念ながら少し先になりそう(笑)」とのこと。ファスティングの続報も気になるところです。

腸活チャレンジその③西岡麻央さん

キャプション画像

現在、料理研究家として活動する西岡さん。前職で航空会社に勤務していた頃に、生活が不規則になり、免疫機能が弱まって風邪をひきやすかったのが、腸活を始めるきっかけだったといいます。

西岡さんが腸活に取り入れているのは、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖をたくさん含む、甘酒。

「市販の甘酒も使いますが、炊飯器で簡単に作れるので、なるべく手作りするようにしています。スイーツや煮物などに砂糖やみりん代わりにも使えるので、砂糖の量をセーブできるんです」

キャプション画像

さらに薬膳を勉強したことで、あらためて自分の腸の状態を知る大切さを実感したという西岡さん。

「以前は、バナナが腸にいいと聞いて取り入れたものの、逆に腸が冷えておなかを下してしまったことも。実は薬膳では、バナナは腸を冷やす食べ物とされていて、腸に熱がたまっているときに食べるのがいいそうです。自分のコンディションに敏感になって腸の状態を知ることで、正しい対処ができるようになったように思います」

現在、腸活に活用中の「ミルミル」は昔から大好きで、忙しい朝に飲むことが多いそう。

「小腹が空いたときに手軽に飲めるのがいいですね。食後の満腹時でも飲みやすいサイズ感もお気に入り。サプリメントのような感覚で、ダイレクトに腸にいいものとして取り入れています。」

今後、取り入れてみたい腸活についても聞きました。

「職業柄、腸活は食のアプローチが多いのですが、FiNCの腸活コミュニティで情報を得ながら、今後はエクササイズにもチャレンジできたらと思っています」

三者三様の腸活スタイルですが、各種発酵食品のとり方やタイミングがとても参考になりました。

腸活チャレンジしてみた結果、参加ユーザーの意見は?

一方で、腸活2週間チャレンジ中に「ミルミル」飲用モニターに参加いただいたFiNCユーザーにアンケートを実施したところ、わかりやすい答えが見えてきました。

ミルミルを継続して飲みたいと思いますか?
(回答数:104)

キャプション画像

今後も継続して「ミルミル」を飲用したいと思った人の割合は、83.7%と、大部分の人が支持する結果に。

家族・知人・友人にミルミルをすすめたいと思いますか。
(回答数:104)

キャプション画像

さらに、「『ミルミル』を友人や知人、家族に薦めたい」と思った人は、合わせて87.5%(思う47.1%、やや思う40.4%)で、あまり思わない人(4.8%)から比べると、圧倒的多数となりました。多くのユーザーが、「ミルミル」を気に入ったようですね。ロングセラー商品の「ミルミル」、強し!

具体的なユーザーのコメントも、一部抜粋して紹介します。
・「おいしく続けられて、効果も実感できたのでこれからも続けたいです!」

・「2週間チャレンジする前も『ミルミル』は好きでしたが、おなかの調子が悪いときだけ単発で飲んでました。2週間もの間、飲み続けたからこそ、さらに効果が感じられた気がします」

・「おいしくて手軽で続けやすいと思いました。子どもも味が気に入ったようで、途中からは一緒に飲んでいました。」

・「癒されるような甘さで量も飲みやすいので、続けやすいと思います」

ロングセラー商品なだけに、もともと「ミルミル」が好き!という人も、今回初めてトライした人問わず、「ミルミル」の「おいしさ」「飲みやすい量」のおかげで、腸活を続けやすいという意見を多数いただきました

「ミルミル」で続ける腸活

キャプション画像

今回、FiNCアンバサダーやユーザーが試した「ミルミル」と「ミルミルS」は、大腸に生きてとどき、大腸ではたらく、ヤクルト独自のビフィズス菌 BY株を1本(100ml)に120億個以上含んだ、のむヨーグルト。

キャプション画像

宅配専用商品の「ミルミルS」には、コラーゲンや鉄、食物繊維、葉酸と、女性に嬉しい成分も入っています。

飲むタイミングはいつでもOK。それぞれのベストタイミングで取り入れてみてはいかがでしょうか?
すこやかなからだづくりのひとつとして、近年、注目を集める「腸活」。手軽にいつでも飲める「ミルミル」を活用すれば、腸活もはかどるはず!手軽に続けながら、ますますヘルシーなからだを目指しましょう。

インターネットで申し込めるヤクルト届けてネットでチェックしてみてくださいね。

#PR #ビフィズス菌 #Yakult #ヤクルト #ミルミル

投稿ID:5288